>  > エクシーダー E03 スタッドレスタイヤ ホイールセット 1本 18インチ 5H114.3 7.5J+55 Exceeder E03 ブリヂストン BS VRX2 215/45R18 215 45 18

エクシーダー E03 スタッドレスタイヤ ホイールセット 1本 18インチ 5H114.3 7.5J+55 Exceeder E03 ブリヂストン BS VRX2 215/45R18 215 45 18

日本女子サッカーの"今"が分かるWEBマガジン「みんな@サッカー」

真夏は思い切ってサッカーを休もう

トピックス 大住良之(サッカージャーナリスト)

女子サッカーを熱心に取材している仲間のジャーナリストが、真夏に朝から4試合を取材していたところ、頭痛がして参ったと話していた。笑いごとではない。熱中症一歩手前の兆候だ。

関東地方は平年より15日も早い7月6日(土)に梅雨明けし、いきなり猛烈な暑さとなった。翌7日は都内各地で35度を超え、強烈な日差しが降り注いだ。もちろん、戸外で活動するなら、帽子は必須、こまめに水分を補給する必要がある気候だ。

日本体育協会が出している指針では、気温31度以上になったら厳重注意(激しい運動は禁止)、35度以上なら「運動は禁止、

エクシーダー E03 スタッドレスタイヤ ホイールセット 1本 18インチ 5H114.3 7.5J+55 Exceeder E03 ブリヂストン BS VRX2 215/45R18 215 45 18

【メーカー名】HOT STUFF/ホットスタッフコーポレーション
Exceeder E03/エクシーダー E03
【サイズ・タイヤ詳細】18インチ 5H114.3 7.5J+55


タイヤ:ブリヂストン BS VRX2 215/45R18 215 45 18
【商品名】スタッドレスタイヤ ホイールセット 1本
【セット内容】-
【カラー】ダークシルバー
【特記事項】


【装着車種一例】※お車のグレード等で装着できない場合もございますので、詳しい適合についてはお問い合わせください。

ヴォクシー ノア エスクァイア アクセラ アクセラスポーツ ジェイド
【定価】オープン価格
【納期】納期はメーカーの在庫や生産状況によって異なりますので
トラブル防止の為、必ず事前にお問い合わせ下さい。
【送料/配送】■この商品の基本送料(本州、四国、九州)は、【 送料無料 】となります。
■北海道送料は、【
450円 】となります。
※沖縄県/離島は着払いのみとなります。
※送料は別途消費税が加算されます。
(※送料は、会計時に自動計算されません。当店で加算しご案内いたしますのであらかじめご了承ください。

、とくに子どもは禁止」となっている。もちろん、熱中症による健康や生命の危険を考慮してのものだ。

スポーツとは健康や生きる喜びのために行うもの。生命の危険を伴うものであってはならない。「南極大陸の冬季単独横断」といった行為は、スポーツではなく「冒険」と呼ぶ。それなのに、気温35度の炎天下でサッカーの試合は平気で行われている。私はずっと、真夏の炎天下の試合は禁止すべきだと主張してきたが、まったくなくなる気配はない。

もちろん、真夏に炎天下で試合をさせるにあたって、日本サッカー協会や地域のサッカー協会などは、十分な注意を払っている。熱中症予防の指導を徹底し、こまめな給水を推奨し、そして前後半の半ばに「給水タイム」も設けている。だがそれは「本来なら運動は禁止」という状況下で試合をすることを前提としている。その前提をなぜ疑わないのだろうか。そしてなぜ「禁止にする」という決断ができないのだろうか。

「気温」は地表から1.5メートル、風通しの良い日陰で測る。大きなスタジアムでスタンドや屋根で日陰ができるならともかく、日本中の圧倒的に多くのプレーヤーがプレーしているサッカーグラウンドには スカイライン 純正フォグランプバルブ【H8用】エルエスラインLEDフォグバルブ2個セット【アンバー】【適応型式】:J50【適応年式】:H21.7~●詳細下記にて要確認、もちろん日陰はなく、「炎天下」と言ってよい。直射日光にさらされたピッチ上は軽く40度を超える。ピッチの種類によって違うが、白っぽい土のグラウンドでは照り返しが強烈で [F252/R209] プロジェクトミュー(Projectμ) ブレーキパッド BESTOP 前後セット NISSAN ムラーノ MURANO 3500 04.9~08.9 PNZ50 (4WD)、人工芝だとピッチの表面温度がさらに高くなる。

この時期はJリーグの選手たちも苦労しているが、夏のプロの試合は基本的に夜間に行われるので状況は根本的に違う。仮に気温が35度あったとしても35度以上ではなく、同じ気温の炎天下で体にかかる負担とはまったく別種のものなのだ。「真夏の炎天下」に試合をさせられるのは、ユース年代までの子どもと、女子ということになる。

ユース年代の試合がこの時期に行われる(というより集中している)のは 、学校の夏休みに当たるからだ。昔は全国「大会」と言えばこうした長期間の休みを利用して集中的に行うしかなかった。宿泊費はかかるが、移動費は少なくて済むからだ。だから真夏の炎天下で4日間連続の試合などという信じがたい日程がまかりとおり、その危険性が顧みられることなく現在まで続いている。信じがたい事態だ。

10年以上前から日本サッカー協会は「リーグ戦」をサッカーの基本とする方針を進め ブレンボ ブレーキディスク 09.6845.11 メルセデス ベンツ W210 (セダン) 210061 97/9~99/7 【シリーズ】□/ESP無/《グレード》E240 2.4 (車台→A962231) フロント左右セット、いまではそれが少年少女の年代まで広まっている。毎週1回、あるいは月に2回程度のリーグ戦を年間通じて戦うことのメリットは、いまさら言うまでもない。

地域レベル(高校生年代以上)、都道府県レベル(中学生年代まで)、そしていくつかの市町村をまとめた地区レベル(小学生高学年)を頂点とするリーグ戦を行い、毎年入れ替えを行うシステムと、必要に応じて、4~8チームほどの「決勝リーグ」を行えば、ユースやジュニア年代では十分ではないか。真夏に数十チームを集めての「全国大会」など不要だ。

女子サッカーも同じだ。現在進行しているなでしこリーグカップは夜間や夕方の試合が主体だが、チャレンジリーグは13時など真っ昼間の試合が主体。宿泊なしで試合をするためには、こうした時間にするしかないからだ。当然、地域の大会やリーグも、真夏の炎天下に行われている。

いろいろな理由があるだろう。しかし7月、8月といった真夏に試合を入れる必要があるなら、夜間、あるいは、少なくても夕刻になってからに限定すべきではないか。「ナイター設備のあるサッカー場が足りない」というなら、まずそうした施設をつくる努力をするべきだ。

男子のプロの試合は別にして、真夏の試合は禁止にすべきだと 【★送料無料】 BP レガシィ ツーリングワゴン ステンマフラー【ガナドール】レガシィ ツーリングワゴン TA-BP5/CBA-BPE CONVERT Rouge PURPLE、私は思う。サッカーでは、GKを除いて帽子をかぶることは許されない。炎天下で試合をさせるのは、良識ある大人のすることではない。真夏は思い切って休もう。サッカーを離れて、家族や友だちと過ごしたり ホンダ シビック 00.9~05.9 EN2 ACRE(アクレ) ブレーキパッド レーシングプロ 357 フロント 左右セット ブレーキ アクレ パッド、旅行に行ったりするのは、長い人生のなかで小さくない意味がある。
(了)



エクシーダー E03 スタッドレスタイヤ ホイールセット 1本 18インチ 5H114.3 7.5J+55 (ピレリ) Exceeder E03 TYPE:HIGH ブリヂストン BS VRX2 215/45R18 215 45 18

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-79698