カロ KARO ノート E11 フロアマット クエスト 寒冷地仕様車用


 >  > カロ KARO ノート E11 フロアマット クエスト 寒冷地仕様車用
2006年~ メルセデスベンツ Mクラス W164 ルーフレール付車【Thule スーリー WingBar Edge9585】ウイングバーエッジ TH9585

カロ KARO SWAGE-LINE ノート E11 フロアマット ミニカ(93.9~)(H36A)リアドラムブレーキ■APPブレーキパッド(KG-1204)フロント左右セット クエスト 寒冷地仕様車用



Archives


Category


Search


Link

Ry Cooder & Nick Lowe Live !


 "THEY DRIVE by NIGHT !"  熱い熱い狂おしい夜を堪能しました。 Ry Cooder & Nick Lowe、まだまだ、健在です!

 11/10/2009 夜 東京渋谷 東急Bunkamura オーチャードホール。L.A.のバンドVagenius(Ry Cooderの息子 Joachim Cooderがドラムを担当)による第1部(前座)の演奏が終わり、いよいよ第2部の幕開け 【CT200h レスポンスリング】siecle ZWA10 2ZR-FXE 11.01~ (RL01RS。大歓声に迎えられて登場したのは、白髪頭のお爺ちゃんふたり。Nick Lowe(ニック・ロウ)は黒いポロシャツに細身なスラックス、黒ぶち眼鏡がお似合いのスリムなイングリッシュお爺ちゃん。Ry Cooder(ライ・クーダー)は派手なアロハシャツ、お腹は突き出た貫禄満点なアメリカンお爺ちゃん。僕が思い描いていたよりも枯れた風貌をしたおふたりの姿から、秋の夜長に相応しいシックなライブを聴かせてくれるだろうと期待していましたが... ヘッドライト [BUILT-IN LED DRL] 1998-2005 Lexus GS300 GS400 Aristo JDM Black Headlights Lamps [BUILT-IN LED DRL] 1998-2005レクサスGS300 GS400アリストJDMブラックヘッドライトランプ。ところがどっこいってな感じ。いい意味で期待を裏切られました。特にライ・クーダーは最初からエンジン全開で迫力のスライドギターも炸裂! ボーカルも声量豊かでパワフルでした 【SSR】 EXECUTOR EX04 (エグゼキューター EX04) 19インチ 8.0J PCD:120 穴数:5 inset:29 フラットブラック [ホイール1本単位] [H]。前座も勤めていたJoachim Cooder(ヨアキム・クーダー)も、脇役として父親であるライ・クーダーを盛り上げていました。ボーカルはライとニックが交互に担当していたものの、演奏曲はライの曲が大半 。ニックは出過ぎることなく控えめな存在に徹して、ライを盛り立てていました。主役のライはと言うと、まるでアメリカの田舎街にあるパブでライブ演奏をしているかの様にリラックスしながらも、精一杯お客さんの声援と期待に応えていました。
 ライブ入場前には、僕が最初に勤めた会社の大先輩で今は新潟でベアトラックを営む小林さんと再会。ライブ会場内でも、僕が以前に勤めていたショップからのお客様を3組もお見かけして、やっぱり通じ合うものがあるんだな~って実感しました 幌・ソフトトップ COMPLETE SIDE & FRONT SOFT TOP BOW+PIVOT BRACKET+FITTING WILLYS FORD @ ECspares 完全なサイド& フロントソフトトップボウ+ピボットブラケット+フィッティン G WILLYS FORD @ ECspares。

カロ KARO ノート E11 フロアマット クエスト 寒冷地仕様車用アウトレット定番

。僕はと言うとmiyaっちと一緒。17歳年下のmiyaっちにも理解してもらえるかな~って、正直不安な気持ちもあったのですが、miyaっちにも楽しんでもらえたようです。よかった、よかった。

 僕のライ・クーダーとの出会いは、「パリ・テキサス」のサウンドトラックCD。衝撃的でした。その後「チキン・スキン・ミュージック」のCDも購入。数年後にレコード・プレイヤーを手に入れてからは、同じ2枚をLPで買い直しました。クラシコをオープンしてからは、その2枚を聴く機会が多くなり、1枚また1枚とほかのLPも続々と買い揃えていきました。今ではほとんどのLPを持っています。「パリ・テキサス」は、毎日日暮れ時になると聴聴きたくなります。クラシコB.G.Mにおいては最も登場回数の多い1枚に入るでしょう。一方、ニック・ロウとの出会いは盛岡での大学時代。当時好きだったエルビス・コステロとの繋がりで聴く様になりました。数年間は聴いていたと思いますが、音楽の好みが変わるに連れてエルビス・コステロもニック・ロウも聴かなくなっていました。ライ・クーダーは、出会って以来聴き続けてきましたが、突き詰めて調べたり勉強したりする方ではないので、ニック・ロウと結びつきがあることは知りませんでした。今回のライブのチケットを予約する時にも、ライ・クーダーのライブを観てみたいという気持ちだけで、ニック・ロウも一緒なんだ~って感じで、ふたりがジョン・ハイアット、ジム・ケルトナーと一緒にリトル・ヴィレッジというバンドを組んでいたなんて思いも寄りませんでした。今回ライ・クーダーとニック・ロウがツアーをまわるのは、リトル・ヴィレッジ以来17年ぶりなのだそうです。そんなふたりが様々な音楽経験を経た今一緒にライブをしている事が、楽しくてしかたなかったのでしょう。そんなふたりの喜びが、ひしひしと伝わって来ました。残念だったのは、僕が知っている曲が少なかったと感じたこと。このブログにコメントをいただいたベアトラックの小林さんによると、高齢なライのボーカルでは高音が出にくくなっているため、アルバムに収録も全く違うアレンジをほどこしており、僕が知っている曲だと思えなかったのだろうということでした。いつもB.G.M.としてさらっとしか聴いていないからな~。聴き込みが足りないんだ!って反省しました。ライ・クーダーはもちろんニック・ロウの曲も改めて聴き直してみようと思ういいきっかけになりました。

 ライ・クーダーは年齢的なこともあり、今回が日本における最後のツアーかという噂も聞こえてきたけど、何の何の。「まだまだ俺は現役バリバリだぜ!」って感じで、そんな噂を一蹴するかの様なパワフルでハッピーなライブでした。いつかまた日本でライブがある時には、お店を休んででも行きたいな...な~んて TOYOTIRES トーヨー トランパス MPZ ミニバン TRANPATH サマータイヤ 175/70R14 HotStuff WAREN ヴァーレン W04 4本 ホイールセット 14インチ 14 X 5.5 +38 4穴 100。その時はみなさん、許してちょ!
| 23:00 |
Comment
管理者の承認待ちコメントです。
Posted by: - |at: 2009/11/11 9:14 PM
管理者の承認待ちコメントです。
Posted by: - |at: 2009/11/12 6:14 AM
管理者の承認待ちコメントです。
Posted by: - |at: 2009/11/12 6:17 AM
管理者の承認待ちコメントです。
Posted by: - |at: 2009/11/12 6:22 AM
管理者の承認待ちコメントです。
Posted by: - |at: 2009/11/12 11:17 AM
管理者の承認待ちコメントです。
Posted by: - |at: 2009/11/12 5:32 PM
管理者の承認待ちコメントです。
Posted by: - |at: 2009/11/14 11:49 AM
Posted by: - |at: 2009/11/14 5:41 PM
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-49600