>  > 【SSR】 EXECUTOR EX05 (エグゼキューター EX05) 20インチ 10.0J PCD:112 穴数:5 inset:10 ブラッシュド [ホイール1本単位] [H]

【SSR】 EXECUTOR EX05 (エグゼキューター EX05) 20インチ 10.0J PCD:112 穴数:5 inset:10 ブラッシュド [ホイール1本単位] [H]

播磨灘の家島・小豆島・直島の岬めぐり中。自称『岬評論家』でんでんむしの日本全国津々浦々突端出っ張り記録。電車とバスときどきタクシーと船自転車でってえのがミソ。これってスゴくない?

1306 小谷鼻・銭鼻=七尾市中島町瀬嵐..番外:2016年初頭の定点観測 So-n.. ブログトップ

【SSR】 EXECUTOR EX05 (エグゼキューター EX05) 20インチ 10.0J PCD:112 品番:3DE-2A 穴数:5 inset:10 ブラッシュド (水冷) [ホイール1本単位] [H]


 広島生まれのでんでんむしは、家がそれに関係していたわけではないが、かき養殖の現場とは、ごく近いところで過ごした。
 小学校へ通う道にはかき打ち場があり、海岸に泳ぎに行けばうずたかく小山のように積み上げられたかき殻があり 15インチ サマータイヤ セット【プレマシー(CR系 全グレード)】MANARAY ユーロストリーム BV25 ブロンザイトレイヤード 6.0Jx15トランパス mpZ 195/65R15、遠浅の干満の差の激しい広島湾の海の中には、かきひび(かきをつるすため竹で組んだやぐらと垣棚)が、ずっと沖のほうまで続いていた。種苗を付着させたホタテ貝の貝殻の真ん中に穴を空け、短い管をはさんで間隔をとりながらロープに通したものが、そこにはたくさんぶら下げれられている。
 生で食べる習慣は一般的にはあまりなかったと思うが、毎年お正月の雑煮も、白みそ仕立てで小ぶりのかきを入れるのが決まりであった。

 能登半島が日本海側一の産地というかき養殖は、七尾西湾が発祥の地というが、それはいつ頃のことだろうか。石川県漁業協同組合の七尾西湾出張所のサイトによれば、1887(明治20)年頃からとしながらも、本格的なかき養殖の開始は大正に入ってからだという。それが、いまでは米作りに次いでの重要産業となっているのだそうだ。
 この漁協サイトでは、かき養殖は「日本では江戸時代からはじめられました」と書いているが、実際はそれよりももっと古いはずである。
 「天文年間(1532〜1555)、安芸国において養殖の法を発明せり」という記録にあるのがその起源であろうが、この頃(室町時代末期)は原始的な採取法に毛の生えたようなもので、干潟に並べた小石に牡蠣を付着させ成育を待つような養殖法だったようだ。
 三陸のかき養殖の始まりも1600年頃のようだが、そちらでは一時技術が絶えてしまい、その後復活を期して広島からの技術導入をはかろうとするのが1800年頃である。(それらについては、前に宮城県の岬めぐりでも触れている。)

 七尾西湾の漁協に加盟している養殖業者は23軒で、そのうちの4軒は中島町瀬嵐に、その南の浜田などに4軒、そして河口以南の筆染と笠師保に5軒などと続いてある。

 前項で、藤吉鼻の北奥のほうに集落があると書いていたが、ちょうど小谷鼻と藤吉鼻の間に入江があって、その奥の集落の中心と養殖の拠点があり、その養殖ブイは湾の北側に展開しているのだろう。藤吉鼻の沖合には、ブイではなく木の杭のようなものも並んで海中に立っている。

 「1304 よこさ鼻・湾崎」の項で、かき釜飯をいただいた店も養殖業者の直営だったが、それら中島町外・小牧・深浦など北湾南部の業者も、この西湾の漁協に所属しているようだ。


 日用川の河口右岸一帯は、筆染というなにやら風雅な字名がついている。ここから上流に流れは二手に分かれ、北のほうの流れの奥まった山間が、中島町中島の集落で 15インチ サマータイヤ セット【ステップワゴン(RF3、4)】MANARAY ユーロストリーム BV25 ブロンザイトレイヤード 6.0Jx15プロクセス CF2 195/65R15、この付近の中心地となる。

 駅から南の川沿いには奥のほうまで、流域に田畑が養われているのをみると、河川敷の開墾から始まった農地開拓は、

、川の流れに沿って海へ海へと延びてきたようである。

 真っすぐな道と水路が、水郷地帯のような雰囲気をつくっているが、このような地形と風景は、ここから能登西湾岸沿いに笠師保駅、田鶴浜駅を経て、和倉温泉駅の手前まで続いている。

 能登中島駅まで戻って 【RA1-5 オデッセイ シンケ】オデッセイ RA1-5 車種別専用ラブベッド コットンタイプ スーパーホワイト、その沿線を七尾まで下って行くが、その車窓からはもうひとつ七尾西湾の岬をチェックしておかなければならない。



37度6分35.72秒 136度52分49.29秒

北越地方(2015/09/14 訪問)


タグ:石川県
2015-12-30 00:00  きた!みた!印(35)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
あなたは既にnice!を行っています。一定件数以上前のnice!は表示されませんのでご了承ください。

きた!みた!印 35

コメント 1

今年一年ありがとうございました
良い年をお迎え下さい
来年も宜しくお願い致します(^^)

by (。・_・。)2k (2015-12-31 23:10) 

コメントを書く

コメント投稿に失敗しました。
未入力の項目があります。
認証コードが一致しませんでした。
半角英数字のみのコメントは受け付けできません。
お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
1306 小谷鼻・銭鼻=七尾市中島町瀬嵐..番外:2016年初頭の定点観測 So-n.. ブログトップ

inset:10 [H] PCD:112 EXECUTOR 10.0J [ホイール1本単位] PCD:112 ブラッシュド 穴数:5 EX05) 20インチ (エグゼキューター 【SSR】 EX05 ブラッシュド

カーマット 日産 キックス H59A 専用 新品 フロアマット ブラック/グレー/ベージュ/レッド/ワイン 黒/灰/赤/無地 パーツ 国内産 車 汚れ防止 内装 [送料無料] カバー【送料無料】 バッテリー 三菱 ランサーカーゴ DBF-CVJY12 用 SMF40B19L ACデルコ AC ACDelco SMF メンテナンスフリー 40B19L 車用 車 バッテリー交換 国産車用 MITSUBISHI ミツビシ カーバッテリー バッテリートラブル バッテリー上がり
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

dendenmushi  です♪ ヽ(^-^ ) .@Y

きた!みた!印 46298
記事 2064
テーマ 地域 (19位)
プロフィール

でんでんむしへのメール

「でんでんむし」へのメールの宛先は、半角英数字で「dendenmushi242」アットマーク「gmail.com」でお願いします。

でんでんむしの「岬めぐり」とは…

 日本地図で「岬・崎・鼻」といった名前のついている、突端出っ張り先っちょを、有名無名、大中小にかかわりなく、「いちおう」すべてめぐろうとしています。それを、原則として公共交通機関を利用してまわるというのがミソなんですが、それがスゴイとは、誰も思っていないようなので自分で言うしかない。

でんでんむしポリシー

ひきこもり原則

・これまでは、本編は原則としてほぼ隔日ないし二日おき(例外あり)に新規更新をして、データの蓄積と整理をはかってきましたが、最近では3日に一度くらいの更新で、おやすみすることもあります。
・他のブログのサーフィンや検索・巡回訪問などは、行なっていません。その理由は、ただひとつ。どうやってみてもキリがないからです。
・ときたまのできごころや例外を除いては ヴァルド ハイエース 200系 (H25.12~) ワイドボディ スーパ-ロング EXECUITIVE LINE type IV エアロ4点キット 片側スライド ワゴン用、積極的に他のブログ訪問や「nice!」や「コメント」をつけることも、行なっていません。
・当ブログにいただいた「コメント」には、その必要がある場合に限り、その返信コメントを該当項目のコメント欄で書くようにします。
・当ブログに「きた!みた!印」をつけてもらったところには、次の更新後には原則として答礼訪問させていただくことにしていましたが、単なる宣伝やアフィリエイト目的のもの、主義主張の著しく相容れないもの、でんでんむしにとっては意味不明なもの、他からのコピペなど内容にオリジナリティがないもの、著作権に疑問があるなど、「nice!」ボタンを押すのをためらうような場合にはスルーさせていただくことがあります。
・その答礼訪問も、2019/02/20以降は、しばらく全面的にやめてみることにしています。
・2019/04以降の投稿分からは「きた!みた!印」欄は表示しておりません。

<関連参考記事>
番外:So-netブログのご近所づきあいと最近の当ブログの傾向のまとめまたは「脱 nice!・押し逃げ」考など

・どうかあしからずご了承のうえ、おつきあいください。

全項目▲Link List2


でんでんむしの岬めぐり
全項目▲Link List2
************************
 
1551〜1600
 
1501〜1550
 
1451〜1500
 
1401〜1450
 
1351〜1400
 
1301〜1350
 
1251〜1300
 
1201〜1250
 
1151〜1200
 
1101〜1150
 
1051〜1100
 
1001〜1050

記事検索

実はこれ、あんまりあてにならないんで困るんだけど…。項目は確かにあるのに、検索されて出てこない場合がままある。
dendenmushi の岬めぐり記事から
そういうときは、この上と下の項目番号索引か都道府県別などのリンクリストで…。

岬めぐり過去ログの全項目▲Link List1

 過去に書き込んでいる『岬めぐり』の全項目一覧リンクボタンです。So-net内の別ブログに移しました。

でんでんむしの岬めぐり
全項目▲Link List1
************************
 
951〜1000
 
901〜950
 
851〜900
 
801〜850
 
751〜800
 
701〜750
 
651〜700
 
601〜650
 
551〜600
 
501〜550
 
451〜500
 
401〜450
 
351〜400
 
301〜350
 
251〜300
 
201〜250
 
151〜200
 
101〜150
 
051〜100
 
001〜050

『岬めぐり』テーマソング

<>『岬めぐり』にはテーマソングがあります。それはもちろんあの山本コウタローとウィークエンドの『岬めぐり』なので、ついでに三浦半島の岬めぐりもどうぞ〜

でんでんむし@アーカイブス★むかしの人は言いました「道歌」

↓リンクページです。

最新記事一覧

都道府県別 Link List へ

岬10選

 でんでんむしの気になる岬
 かなり適当に選んだ10選

 「ベスト」でもないし「ランキング」でもなく、でんでんむしがちょっと気になる岬を、かなりテキトーに10本ピックアップ。  誰もが知っているような場所ではないし、行った人もあまり多くなさそうなところばかりになりました。

671 英虞崎=熊野市甫母町(三重県)「あご」と「むろ」を仕切る一方は岩の塊に溶け込んで対話できる岬
633 高野崎=東津軽郡今別町大字袰月(青森県)鳥の目もたまにはずーっと高度を上げてみる
491 津鼻崎=下北郡大間町大字奥戸(青森県)「ごらんあれが竜飛岬北のはずれと…」
012 花咲岬=車石(北海道)
058 黒崎の鼻=三浦市初声町下宮田(神奈川県)大きくもなく小さくもなく
591 押廻鼻=大飯郡高浜町音海(福井県)回り舞台を押し回してみたら
127 盥岬(静岡県)読めても書けといわれると書けない漢字
324 観音崎=鹿渡島(石川県)こうして空をみるのは何十年ぶりか
755 白崎=日高郡由良町大字大引(和歌山県)名前に偽りなし石灰岩の白い岬には赤い岩と黒い山
029 関崎=佐賀関(大分県)

あの夏を忘れないで…

「ある編集者の記憶遺産」から抜粋


□13:昭和20年・広島の夏の日=その1 どんなささいなとる..
□14:昭和20年・広島の夏の日=その2 天候条件がよかった..
□15:昭和20年・広島の夏の日=その3 宮島さんの神主がお..
□16:昭和20年・広島の夏の日=その4 米軍機が撒いていっ..
□17:昭和20年・広島の夏の日=その5 広島原爆の日が何日..
□18:昭和20年・広島の夏の日=その6 8月6日あの巨大な..
□19:昭和20年・広島の夏の日=その7 キノコ雲も街を焼き..

「著作権について」知るページ

原則としてネットで見つけた写真や記事をコピペして使ったりしてはいけないんですよ。 「パクリ」はもちろん厳禁。「コピペ」も、「抜粋」や「転載」も要注意!…ですよ。ちょっと他人の撮影した写真を使いたい、というときには、撮影者本人の許可を得たうえで、その旨を明記しなければなりません。テレビ放送の画像・写真を、無断で使用することはできません。ブログに掲載する写真は、原則として自分の撮ったものにしましょうね。(もちろん著作権フリーの画像はこの限りではありませんが、それも出所を明記すべきでしょう。)
◎“著作権”ってナニ? ★番外:ブロガーとして最低限これだけは守るべき 著作権のルール「A to Z」

★番外:再び「著作権」について=ブログをやる人が考えるべき「許されるコピペ」と「許されないコピペ」引用のルール

石垣島だより

月島界隈

2011/01〜05短期集中連載終了の「月島界隈」一覧リンクリスト。

わたしたちが生きてきた時代…

自分自身の敗戦後70年を考えてみる
『思い出の索引』のさくいん
★でんでんむし@アーカイブス☆
わたしたちが生きてきた時代とは…

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]
スマートフォン専用ページを表示
{yahoojp} {dendenmushimushi.blog.so-net.ne.jp}
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-954