>  > ルーフキャリア TUFREQ タフレック コモ E25系 Pシリーズ 品番:PL44【カード分割】
[Projectμ] プロジェクトμ ブレーキパッド レーシングN+ リア用 テラノ WHYD21 LBYD21 87/10~ 3.0L 本州・北海道は送料無料 沖縄・離島は送料1000円(税別)

ルーフキャリア TUFREQ タフレック コモ E25系 Pシリーズ 品番:PL44【カード分割】

【メーカー在庫あり】 三菱マテリアル(株) 三菱 超硬ドリル WSTARシリーズ 汎用 外部給油形 2Dタイプ MWE0750SB HD塩屋天体観測所の雑記帳です。
<< 軍師官兵衛・その10 | TOP | セミ初鳴き >>

ルーフキャリア TUFREQ タフレック コモ E25系 ストラットバー Pシリーズ 01 品番:PL44【カード分割】

ルーフキャリア 品番:PL44【カード分割】 Pシリーズ タフレック Pシリーズ TUFREQ E25系 E25系 コモ

 ここ数年「スーパームーン」という言葉が広まっています。主に「視直径が大きい近地点近くの満月」を指すのに使われていて、2014年は8月11日の満月が相当します。(2016年は11月14日の満月)

 「スーパームーン」という言葉が何時頃から広まったのか、軽く調べてみました。
 Googleで「スーパームーン」をキーワードに、1年毎に区切った期間指定の検索を行い、表示された5ページ分(50記事)の中から満月にまつわる記事をカウントしました。〈1〉

 結果。
 日付が明らかな記事では、2000年から2009年は0件 DYMAG用 スプロケット スプロケ ISA アイエスエー 01831 I-3 530 48T リア スプロケット スプロケ。
 2010年に7件、2011年に46件、以下2012年46件、2013年45件、2014年42件となりました ディクセル EXTRA Speed ブレーキパッド リア アウディ 80/90。

◆国内初出は2010年か―「遠地点の満月と近地点の新月」?!
 検索した限りで初出なのが、2010年8月25日の「スーパームーン」。いずれも占星術的な扱いです ★送料無料★(一部離島等除く) 【エスペリア】MAZDA アクセラスポーツ AXELA sport MAZDA SPEED AXELA sport スーパーダウンサス BK3P L3-VDT H18/6~ 2WD 2.3L ターボ セット。
・「すみません!今日夜中!がスーパームーン☆」(2010.8.25AHN MIKAオフィシャルブログ)
・「スーパームーン」(2010.8.25トータス松本?questionブログ)※リンク切れ
・「今日から始まるスーパームーン週間♪」(2010.8.25フェアリア未紀のプチ予言)※リンク切れ

 面白いのはこれ、実は遠地点での満月です(AstroArts 2010年8月の天文現象カレンダー)。現在の主流と使い方が逆。

ルーフキャリア TUFREQ タフレック コモ E25系 Pシリーズ 品番:PL44【カード分割】

※送付先が個人宅の場合は、送料が必要です。
※法人の場合は、送料無料です。(北海道・沖縄・離島は別途送料要)
※代金引換でのお支払いは不可です。






商品名
TAFREQ/タフレック ルーフキャリア

適合車種
■イスズ コモ 

■型式:E25系

■年式:H13.05-H24.06

■注意事項:標準ルーフ

※車種別適用キャリアはメーカーHP にてご確認ください。
www.seikokogyo.co.jp/

品番


■製 造 精興興業(株) TUFREQ

■製品品番 PL44

■製品寸法

長さ(A):2225mm 幅(B): 1330mm 高さ(C): 100mm

キャリア高さ(D): 275mm 足取付幅(E): 1,168~1,448mm

■材質 スチール×ブラック塗装

■取付脚 8本脚

お支払い


消費税込み、送料無料
(北海道は500円・沖縄は2500円・離島別途送料のご負担をお願い致します)

以下のお支払い方法からお選びいただけます。
  • 三井住友銀行
  • ジャパンネット銀行
  • ゆうちょ銀行
  • クレジット決済
  • コンビニ決済


備考
スチール材に黒塗装をした、ビジネスユーザーに最も人気の仕様。市場での普及実績No.1モデル!

■ブラックの外観は車のカラーを選ばずスマート、そして汚れにも強く耐久性も抜群なので長くお使いいただけます。ビジネス用途に徹底した、職人キャリアです。

Pシリーズの仕様・詳細はメーカーHPをご参照下さい。

www.seikokogyo.co.jp/item_p1.html

■車種によっては一部でお取付け出来ない場合がございますので、
 メーカー車種別適合表
にて必ずご確認下さい。


www.seikokogyo.co.jp/navi/navi.html







 そして上に紹介したブログの2つは、半月後の近地点での新月も「スーパームーン」としています。

 2011年9月のナショナルジオグラフィックの記事では、「月が近地点を通過するときに満月か新月だと、スーパームーンとなる」と紹介されています。
・「あす朝スーパームーン、しかし新月」(2011.9.27ナショナルジオグラフィック)

 どうやら「スーパームーン」は、より広い意味で使われていたようです。

◆2011年―「大きな満月」「最接近の満月」になる
 2011年は3月20日が近地点かつ視直径が最大の満月でしたが、この近地点は1993年以来の「最接近」でした。また近地点通過のわずか1時間前に満月になったことから、過去20年間で最も視直径が大きな満月となりました(AstroArts 2011年3月の天文現象カレンダー)。

 NASAのサイエンスニュースでもこのことを取り上げています。タイトルでは「Super Full Moon(スーパー満月)」、本文では「super "perigee moon"(スーパー「近地点の月」)」としています。
・「Super Full Moon」(2011.3.16NASA Science News)

 ニュースサイトでよく取り上げられるナショナルジオグラフィック(日本版)では「スーパームーン」としています 【年末年始特別価格】フレアワゴン シートカバー〔Flair/フレア ワゴン/シート・カバー/ブラック〕(防水/かわいい/フェイクレザー/seatcover/軽自動車)新型 LE-4082 MM32系フレアワゴン■型式MM32S ■年式H25.05~。
・「最接近の満月、“スーパームーン”」(2011.3.22ナショナルジオグラフィック)
 
 これらがあちこちで紹介され、「スーパームーン」が「近地点の満月」「その年で最も大きく見える満月」の意味で広く使われるようになったのはこの時からと思われます。
 いつもお世話になっているふくはらさんの「星の情報.jp」をサイト内検索しても、2011年3月が「スーパームーン」の初出。先ほどのナショナルジオグラフィックのサイト内検索でも2011年が初出です。
・「[画像]スーパームーン」(2011.3.20星の情報.jp)

 冒頭で紹介したGoogleの期間指定検索の結果からしても、「スーパームーン」が国内で広く使われるのは2011年以降であることが推察されます。
 ちなみにAstroArtsの天文現象カレンダーで「スーパームーン」を併記するようになったのは2013年から(AstroArts 2012年5月の天文カレンダー/2013年6月の天文カレンダー)。この段階である程度、定着したと判断されたのかもしれません。

 ということで「スーパームーン」、国内では2011年以降に広がった言葉と考えてよさそうです。

◆もともとの「スーパームーン」の意味は「月の近地点での新月または満月」?
 もともとの「Super Moon」が英語圏でどういう意味を持ってどの程度使われていたのかも興味のあるところです Brembo ブレンボ ブレーキパッド1台分セット ブラック NISSAN プリメーラ ワゴン 型式WTP12 WHP12 WRP12 年式01/01~05/12 品番P56 021-10 005。英語版のWikipediaの”Supermoon”の項目では、占星術師のRichard Nolleが1979年に言い出したこと。それによると「その年の遠地点と近地点の差の(近いほうの)90%以内に来た満月と新月をスーパームーンとする」と定義しています。(2016.11.15修正しました)

◆2014年、スーパームーンが3回やってくる!?―「近地点通過と同じ日の満月」
 先に紹介したNASAのサイエンスニュースでは、2014年は3回スーパームーンがあるとしています。
Three Supermoons in a Row(2014.7.10NASA Science News)

 もともと「スーパームーン」は定義の曖昧な言葉でしたが、NASAのサイエンスニュースでは「近地点通過と同じ日の満月」を「スーパームーン」としたようです。
 「同じ日」は24時間以内としているようで、2014年は7月・8月・9月の3回の満月がこの条件に当てはまります。この場合、必ずしも「その年で一番大きな満月」ではなくなります。
 この定義によると、先ほどの2011年も3月だけでなく、2月と4月の満月も「スーパームーン」になります。回数が増えて注目を集めるにはよいかもしれませんが、「ありがたみ」は薄れてしまう気もします。

質問2-7)「スーパームーン」ってなに?(よくある質問 国立天文台)
 国立天文台が「よくある質問」のコーナーで「スーパームーン」の解説をしています。こちらもぜひお目通し頂くとよいです。

 思いもかけずに深入りしてしまいました。ここまでおツキあいくださってありがとうございました。
(初掲:2014.7.14,追記:2016.11.14)

〈1〉と書くと簡単ですが、最近はブログ等の脇に「注目キーワード」や「タグ」が表示されるため、古い記事にも今年のスーパームーンが紛れて検索にかかってしまいます。サイトを確認して関係ない記事は除外しましたが、きちんとしたフィルタリングでないことはご承知おきください。こういう用途での期間指定の検索はノイズだらけになることは分かりました。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(3) | 雑記録
この記事へのコメント
ぶふ。
思いがけず全部読んでしまった。
なるほどねえ。
Posted by あぴ at 2014年07月19日 10:19
占星術師 Richard Nolle の定義だと、その年の遠地点と近地点の差の(近いほうの)90%以内に来た満月と新月をスーパームーンとするとしています 。(もちろん90%の科学的根拠はありません。)そしてそれをNASAが追認しています。(この定義に科学的根拠はありません。また、NASAは新月側を無視しています。)
今年2016年もこの定義で行くと、10月11月12月の3回の満月が、スーパームーンとなるそうです。
以下、NASAのScience ページより
https://science.nasa.gov/news-articles/2016-ends-with-three-supermoons
Richard Nolle のページ
http://www.astropro.com/features/articles/supermoon/
Posted by つるつる亭やかん at 2016年11月14日 21:38
つるつる亭やかんさん、いらっしゃいませ。

Richard Nolle の定義、「90%以内」の部分を読み飛ばしていました。補足ありがとうございます。
Posted by ふくだ at 2016年11月14日 22:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

ルーフキャリア TUFREQ タフレック コモ E25系 Pシリーズ 品番:PL44【カード分割】


検索ボックス
 
リンク集
塩屋天体観測所新着
最近の記事
01.14 星見行(1月12-13日)
12.22 クリスマスナイトミュージアム
12.17 BORG中川さん退社
12.16 星見行(12月15-16日)
12.16 ウィルタネン彗星(46P)(12月15-16日)
12.10 ウィルタネン彗星(46P)(12月10日)
12.09 野外天体観測会 2018年冬 その2
12.09 ウルトラレーシング ルームバー ランサーエボリューションV CN9A RO2-1007 ULTRA RACING ボディ補強【店頭受取対応商品】野外天体観測会 2018年冬
12.08 ウィルタネン彗星(46P)(12月8日)
12.06 プロジェクトμ タイプHC-CS リア左右セット ブレーキパッド ランドクルーザープラド TRJ150W R197 取付セット プロジェクトミュー プロミュー プロμ TYPE HC-CS ブレーキパット【店頭受取対応商品】映画「ボヘミアン・ラプソディ」
最近のコメント
プラネターリアム銀河座 by 銀河座 事務 鈴木 (02.15)
ソユーズ宇宙船 1/100ペーパークラフト by 名無し (01.19)
小田城(茨城県つくば市) by ふくだ (12.29)
小田城(茨城県つくば市) by かすてん (12.29)
小田城(茨城県つくば市) by ふくだ (12.29)
小田城(茨城県つくば市) by かすてん (12.25)
小田城(茨城県つくば市) by かすてん (12.25)
両国界隈 by ふくだ (12.23)
両国界隈 by なかを (12.20)
星見行(11月10-11日) by ふくだ (11.17)
カテゴリ
過去ログ
{yahoojp} {stelo.sblo.jp}
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-87287