>  > 【送料無料】 155/70R13 13インチ MONZA モンツァ JPスタイルヴォルクス 4J 4.00-13 YOKOHAMA ヨコハマ ブルーアース AE-01 SALE サマータイヤ ホイール4本セット

液―液、気―液、固―液を微細ミキシング

OHR式は 5ZIGEN マフラー ProRacerA-SPEC PRMA-011 マツダ アクセラスポーツ DBA-BK5P ZY-VE 2004年10月~、連続式で、かつてない超高効率の脱酸素処理ができます!

水中 (液中) に溶存酸素があるが、これを脱酸素処理したい、というテーマがあります。
たとえば化学工場で、有機溶剤中に溶存酸素があると、反応工程で爆発の危険があるとか、溶存酸素が反応を阻害する、
というようなケースです。

このような場合どうやって解決しているかといいますと、窒素ガスを液中へどんどん吹き込んで、液中の溶存窒素濃度を
自然状態よりも濃厚にしてやると、その分だけ液中の溶存酸素が減っていく、という現象を利用して、溶存酸素濃度を
下げたり、ほとんどゼロにしたり、ということをおこないます。

従来方式は、大量の窒素ガスを、

【送料無料】 155/70R13 13インチ MONZA モンツァ JPスタイルヴォルクス 4J 4.00-13 YOKOHAMA ヨコハマ ブルーアース AE-01 SALE サマータイヤ ホイール4本セット激安セール

、長時間に渡ってバブリングする

4J JPスタイルヴォルクス AE-01 13インチ ヨコハマ 155/70R13 YOKOHAMA モンツァ 【送料無料】 ブルーアース サマータイヤ モンツァ MONZA SALE YOKOHAMA ホイール4本セット 4.00-13

従来方式は、目標とする脱酸素率が非常に高い場合には、丸24時間とか、大変長い時間をかける必要がありました。
しかも、大きなタンクに対象の液体を漲って、そのなかで大量の窒素ガスをバブリングする、というやり方であるため、
バッチ処理しかできません。お金も時間もかかりすぎです。
製造ラインのリードタイムが、この脱酸素処理工程で手間取ることによって、非常に長くなってしまって困っている、
ということなのです。

OHR 式は、連続式で、DO 値:10.0mg/L▶0.2mg/L 以下にできます

窒素ガスによる脱酸素は、とても難易度が高いテーマです

OHR式では、これがいとも簡単に解決できます。
例えば、DO 値が 10.0mg/L あって 、これを 0.2mg/L まで脱酸素したい ( = 酸素除去率 98%)、という非常に難しい
ケースでも、わずか数秒の処理時間で、連続式で処理できます。
加圧・減圧や、薬剤の添加などは一切必要ありません。

そのやり方は、図解でご覧にいれますので、お問い合わせください。
併せて、テストデータもご覧にいれます。
その説明図解でご納得いけば、次に実地テストに進んでいただく プロジェクトμ NS-C フロント左右セット ブレーキパッド インテグラ DA5/DA7 F378 プロジェクトミュー プロミュー プロμ NS-C ブレーキパット【店頭受取対応商品】、という手順です。

お問合せ

なぜOHR式は、高効率脱酸素を達成できるのか

水中の溶存窒素濃度を、飽和値の3割増にまで一気に上げる技術は、OHR以外に見当たらない

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-24346